ユリブロ

女装でマッサージセラピストゆりの人生苦節40年、血と汗と涙のブログ。美容を中心とした考える女装子の雑記ブログ。

オススメ!何度観ても面白い映画vol.2『トータル・リコール』

皆様、いつもご覧いただきまして誠にありがとうございます✨

本日は、オススメ!何度観ても面白い映画の第二弾となります。

今回ご紹介する映画は『トータル・リコール』

トータル・リコールといって皆様頭に思い浮かべるのはどちらのトータル・リコールを思い浮かべられますでしょうか?

トータル・リコール(吹替版)

※画像をクリックするとamazonに移動します。

1990年に公開された、こちらアーノルド・シュワルツェネッガー主演のトータル・リコール。奥さん役にはあのシャロン・ストーンという豪華キャストです。シュワちゃんとストーンさんのコンビはここでしか見られません!氷の微笑などシリアスで妖艶なイメージのあるシャロン・ストーンさんですが、この作品ではSF作品らしく少しお茶目で、悪役だけど可愛らしい演技が光っています。

ポスター/スチール 写真 アクリルフォトスタンド入り A4 パターンF トータル・リコール (1990) 光沢プリント

※こちらはポスターです。クリックするとamazonでご購入できます。

こちら元祖トータル・リコールがやはり、有名なのでしょうか?この映画が放映された当時のインパクトは凄まじいものでしたよね⚡その夢のある発想はバック・トゥ・ザ・フューチャーに並び、今でも色褪せないSF作品の超傑作でしょう。

 

 

そして2012年に公開された、コリン・ファレル主演のリメイク版、トータル・リコール。こちらも私は何度も見させていただきましたとても面白い作品です😊✨

トータル・リコール (吹替版)

※画像をクリックするとamazonでご購入できます。

 

初代トータル・リコールの発想をそのままに、全く違う映画に生まれ変わりました。

リコール社の椅子に座って脳内だけでトリップしてしまう夢の装置。自分の好きな記憶を思うがままにするというのは、人々が最も実現して欲しいエンターテイメントの一つではないでしょうか?

 

こちらですね⬇

ブロマイド写真★『トータル・リコール』アーノルド・シュワルツェネッガー/記憶操作装置

 

ブロマイド写真★コリン・ファレル/『トータル・リコール』/記憶操作装置に座る

 

初代のトータル・リコールから原型は変わりません。私はこれを見るといつも歯医者さんの椅子を思い浮かべてしまいます。さあ未来にこんな装置ができるのか否か?現在、一番これに近いと思われる開発をしているのが電気自動車やデスロボットで有名なあのTeslaです。⬇

www.businessinsider.jp

ニューラリンクという『脳内チップ』詳しくは一つのデバイスと64本の糸(髪の毛の14分の1の細さ)を脳内に埋め込むというものです。現在、臨床試験が行われております。自閉症や統合失調症などの精神疾患に有効ではないかとイーロン・マスクさんが話しておられます。また、思考の中だけでメッセージを送受信したり、ゲームをすることができたりと、私達の想像をはるかに超えるものが既に実験段階だというのは驚きです。トータル・リコールの実現もそう遠くはないのかもしれません。

 

しかしながら、私はこのトータル・リコール、何度観ても分からないことがあります。どちらのトータル・リコールもリコール社の椅子に座ってしばらくすると装置の不具合が発生します。それと同時に、物語へと急展開するのですが、一体それが記憶の中のことなのか、はたまた実際に起きている現実のことなのかが分かりません。映画の中でヒントが散りばめられているのですが、ハッキリとした答えは謎のまま。そうした謎を残したところも私をまた虜にし、映画を何度も観させてしまうところでもあります。主人公自身も映画の中で自分が記憶の中なのか、現実なのか分からなくなっているのと同じように見ている人をもそうさてしまう没入感は半端ではありません。

 

もしあなたがリコール社で好きな記憶を手にすることができるとしたらどんな記憶が欲しいでしょうか?映画の中でも脳内を操作する事の怖さを語る同僚などの存在もありますが、あなたならそれでもやってみたいでしょうか?

 

もうそこにトータル・リコールの時代がやって来ています。

ぜひご覧ください✨

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

人気ブログランキング
人気ブログランキング