ユリブロ

目指せ奇跡の50代、遅咲き男の娘ユリのブログ。略して『ユリブロ』

自分は自分であって自分でない〜地盤を受け継いでいくということ〜ゆりの地盤理論

こんにちわ。

いつも読んでいただきまして誠にありがとうございます。

 

今回は“自分であって自分でない〜受け継いでいくということ”と題しまして、いろいろと綴っていこうと思っております。

 

最近、お客様からお話しいただくことがございまして、

お店で働いている中で、前任者のイメージに未だに支配されている部分があると感じることがよくあるんです。

 

前の人はこんなことしてたとか、

前の人はこんなことはやってくれなかったよとか、

いろいろ聞いてしまうのですね。

 

たとえば、

お客樣から、

「こんなにもガッツリやってくれると思わなかった、だって前来た時は、全然やってくれなくて、サーッと終わっただけだよ、だからそれ以来、つまんなくなって来なかったんだ。」

そう仰ってもらって、セラピストとして非常に気に入っていただけて感激ではありましたが、そうやって来なくなったお客様もこの人だけじゃないんだろうなと思ったりします。

 

こんなこともありました。

「あれでしょ?お店にいくら入るの?えっそんなんじゃぁ少ないねぇ。前の人なんかお店通さずにやってたよ。直ですればいいじゃん。」

と私に直営業をお誘いになられるお客さんもいました。

たしかに、お店に売上の半分くらいは収めなくてはならないから、自分の元手に残るのは少しです。

だからといって、そんなことすると重大な契約違反になり、即クビになってしまいます。

私は、「そんな怖いことできないですよ。」

と言ってちゃんとお断りしました。

お店の力なしで成功しているセラピストさんなんか見たことがありませんから、当然です。

この世界はそんな甘いもんじゃないのです。

 

その他、前の人にはお土産を持っていくのが通例になっていたようで、

何も持ってこなくてごめんなさいと申し訳無さそうな空気を醸し出すお客さんがいたりだとか、

細かいことを言い出したら、きりがないのですが。

 

もう沢山のイメージがついてしまっています。

 

新しく来た人達というのは、

その地盤にのっかって生きていかなくてはならなりません。

 

 

 

ゆりの地盤理論

 

そう、地盤というものがあるんですね。

前の人が悪かったとしたら、逆に評価されるといういい面はありますが、

それは一時の話しです。

お店として考えたときに、お店が存続していくため、

仕事をもらって生きていくためには、

良いイメージを受け継いでいかなければなりません。

一度傷ついたイメージを覆すには、相当な努力を強いるでしょう。

 

そういうことを最近思います。

 

なんでもそうだと思います。

政治家なんかでも、世襲議員なんていますよね。

あの人たちも、代々受け継がれてきた地盤というものがあります。

麻生太郎さんなんかも、もとは吉田茂さんあっての麻生さんです。

偉大な人の地盤を受け継ぐのも大変ですけど。

 

 

やはり、生きていくためには、

良いことであれば、しっかりと引き継いでいかなければなりませんし、

悪いことであれば、それを長年かけ覆していかなければなりません。

 

また、自分のやることが他の人にも影響していることも事実で、

それを他人に間接的に強いてしまうことになることもありますが、

 

自分の良いと思ったことをやるしかありません。

 

そうした、地道に地固めということをしていかなくてはならないのです。

 

 

人がDNAで引き継いできたように、どんな時も私達は色んなことを引き継ぎながら生きていて、自分というのはその中の極僅か一部分に過ぎないのかもしれません。

 

そう考えてみると、私達は自分だけが生きていると思っているようで、実は、それだけじゃないんだいうことを思います。

 

自分は自分を生きているつもりだけど、他人から見ればそうじゃないのかもしれません。

 

いろんな地盤の上に、偏見なり固定概念があって、素の自分を見てくれている人はそんなにいないのかもしれません。

 

家庭環境しかり、地域環境しかり、学校しかり、職場しかり、その引き継いだ地盤がいくつもあってその上に立っているのが自分です。

 

たとえば、人間は年を取っていきます。

でも案外、自分というものは子供の時から心はそんなに変わっていないのではないでしょうか?

そう、人は地盤を移り変わっているだけなんです。赤子の地盤から少年の地盤に、青年の地盤に、20歳の地盤に、30歳の、40歳の、、、男の地盤もあるし、女の自分もあるし、、、こうしてずっと地盤を移り変わっているのだと私は思います。

 

赤子は赤子なりの、固定概念があるんです。赤子はこうするのが当たり前だっていう、少年は少年の、大人は大人の固定概念があります。それは決して、自分ではなくてただの歴史や世間が決めた概念です。

 

別の言い方で言うなら、虫なら虫、馬なら馬、人なら人、子供なら子供、大人なら大人、そんな宿命を背負って生きているということ。

 

そして、いつも人は変わろうとしても簡単に変われないですが、それは引き継いでいる地盤があるから、すぐに変わることが難しいんですね。何故なら、大人という地盤は、歴史が作っていて、大人はこうあるべきという中で、みんながそう思っているから、変えることが難しいのだと思います。それがもし、間違った固定概念だとしたら皆がしんどい思いをしますよね。

 

大人なんだから、とかそういう言葉でやっぱり縛られていますもん。本当は、もうちょっと肩の力を抜いてやることも必要だけど、なかなか世間のイメージがそうさせてくれないのです。

 

これを読んでくれている人の殆どが日本人の方、私達は日本という国に生まれて、日本または日本人という地盤の上に立っていて、自分が何をするにも日本人がやってきたことが、常につきまとっていきます。日本人には自殺者が多いですが、それも日本人というあるべき姿に苦しめられた結果かもしれません。

 

自分のパーソナリティなんて極僅かで、人が見ているものは自分が纏っている地盤ひとつひとつで、自分でさえもそれにいつも縛られていて、こうでなければならないと思っているんだと思います。

 

でも、そんないろんな地盤が揺らぎ始めているのも事実、絶対安全だと言われてきた原発が事故をしたり、いつ爆弾犯が現れるかもしれない世の中になっているし、SNSの動画テロでお店が潰れるかもしれません。何故そういうふうになるのかというと、これまでの風習や固定概念からくるストレスに人々が耐えられなくなっているからでしょう。そんな亀裂の入った地盤の上に立っているんだということを踏まえて、少しずつ自分のやれること、良いと思えることをやっていって、変えていかなければならないと思います。

 

変わらないかもしれないけれど、もっと良い世の中になるように変えていかないといけないなと思う今日この頃です。

 

当たり前だと思ってることに、案外そうでもないっていう発信もしていきたいなと思っています。

 

ご清聴ありがとうございました🙇

 

社長ブログランキング
社長ブログランキング