ユリブロ

女装でマッサージセラピストゆりの人生苦節40年、血と汗と涙のブログ。美容を中心とした考える女装子の雑記ブログ。

道後温泉はとてもいい湯でした♨〜選り優り7つの温泉をご紹介

 

こんにちわ。

昨年、半年ほど仕事で愛媛県松山の方に行く機会がありました。

私たち関西人からすれば、四国の最西端にある松山という街は、結構遠くてなかなか行く機会がなかったのですが、昨年お仕事で行かせていただきまして、その良さを初めて知ることができました。

 

明治大正の名残のある歴史を感じさせる風景と、新しく立ち並ぶお洒落なお店、“不易流行”という言葉がぴったりな場所で、雰囲気ある街並みです。

 

その中で松山といえば、やはり道後温泉、温泉の街でしょう。

 

松山にいた頃は、毎週のように道後温泉に行かせていただいていて、きつい仕事をしていて疲れていた私の体を、随分癒やしていただきました。

今日は、その道後温泉を是非ご紹介したいと思います。

 

 

 

道後温泉本館


f:id:josouyuri:20240213095919j:image


f:id:josouyuri:20240213095935j:image

上の2枚の写真は、道後温泉本館です。

ここがあの、正岡子規や夏目漱石が好んで入ったとされる、かの有名な道後温泉本館です。瓦屋根がいくつも重なった独特の建物、これはここでしか見られない風景ですね✨

私が行った時は工事中でして、こんな感じでございました↓


f:id:josouyuri:20240213100511j:image

テントが被さっておりました。

道後温泉はやはり、観光客が多いですから整理券を配っています。

整理券をもらって、空いてる時間に入ることができるということでございました。

現在はコロナ禍がほぼ過ぎ去ったので、観光客も元に戻ってきていて大変混雑していることと思いますが、私が行った際は、せいぜい1時間位待てば入ることができました。訪れる機会がございましたら、事前にお問い合わせしていただければと思います。

1〜2時間ほどの待ち時間ですと周辺をお散歩していれば直ぐです。道後温泉本館のすぐ横には⬇道後商店街があります。こちらでお食事やお茶をしたり、又はお土産物を選んだり、十分に時間を潰すことができます。

商店街から歩いてすぐのところに、明治大正の雰囲気そのままの道後温泉駅の建物が観られます。夏目漱石が居た頃にタイムスリップしたような気分になりますね✨

⬆道後温泉駅のすぐ近くには、からくり時計とその横にある足湯です。からくり時計は1時間毎に音楽が鳴ると同時に、時計の中から夏目漱石の小説『坊っちゃん』のキャラクター達が出てくる仕組みになっています。

そうして周辺を歩いているうちに直ぐに時間が過ぎてしまいます。

さあ、待ちわびた道後温泉の中へ入りましょう!

最初に中に入って1番驚いたこと。

それは、“道後温泉ってこんな小さいんだ”と思ったことでした。

工事していて、全ては開放されていなかったということもありましたが、

例えるならば、昔ながらの町の銭湯の雰囲気に近いなと思いました。

そこにまた庶民的な親しみも感じました😊


f:id:josouyuri:20240213101249j:image

 

こちらが私が入った“霊の湯”です。

広さは20畳くらいじゃないでしょうか?

一度に入るのはせいぜい6、7人です。

 

お湯は本当に気持ちのいいお湯です。

少しぬめりがあって、お湯がとっても透き通っていました。

普段スーパー銭湯にしか行かない私にとっては、なんといってもそのお湯に濁りがなくとても綺麗なことに驚きました✨

お尻を下につけると頭まで浸かりそうなくらい深めの浴槽に、少し熱めのお湯が注がれていて、本当によく体が温まりました。

これが本物の温泉なんだな✨

と感心しました。

私が今まで入った温泉の中では、間違いなく一番でした✨

松山に行くなら間違いなく一度は行っておくべき場所でしょう。

 

道後温泉本館は、混雑していることが多いと思いますが、道後温泉本館のすぐ近くに、新しくできた温泉が2つあります。そちらの温泉も道後温泉と遜色はありませんので、是非ご利用されてはどうかと思います。

 

 

道後温泉 飛鳥乃湯


f:id:josouyuri:20240213102158j:image

 

こちらは、道後温泉飛鳥乃湯です✨

道後温泉から歩いて5分ほどのところにあります。

道後温泉に入れなかった際は、こちらに行っても全然いいと思います。

浴室の造りは、道後温泉本館と似ていますので、風情や雰囲気を十分に味わうことができます。 


f:id:josouyuri:20240213102426j:image

 

浴室は道後温泉本館よりも、かなり広めです。浴槽は本館よりも浅いですが、道後温泉の石造りの雰囲気を受け継いでいて、とてもいい感じです。


f:id:josouyuri:20240213102625j:image

 

こうした露天風呂があったり、


f:id:josouyuri:20240213102647j:image

 

温泉の壁画がプロジェクションマッピングになっていて、子供連れのお父さんやお母さんにはとてもオススメです。

本館と遜色ない味わいを楽しめます。

⬆飛鳥乃湯には大広間(1階浴室利用+大広間利用大人1290円)や、個室(1階浴室利用+個室利用大人1690円)、また、特別浴室(1階浴室利用+特別浴室利用一組2040円+大人1690円)、といった様々な寛ぎ方がございます。ご家族やカップル、御夫婦の方にはとてもオススメです。

 

道後温泉 椿の湯

 

3つ目の温泉は、飛鳥乃湯の隣にございます椿の湯です。

椿の湯も本館と遜色ありません。


f:id:josouyuri:20240213103017j:image


f:id:josouyuri:20240213103030j:image

 

写真を見てもらうと、道後温泉特有の大きな石釜が見えると思います。

大きな石釜に寄りかかって天井を見上げて、お風呂に浸かるのは最高です✨

 

是非、行かれた際は全て入っていただきたいなと思うくらい、3つとも素晴らしい温泉です。

 

 

道後温泉の入館時間までの待ち時間には、こんなところでおくつろぎいただければ良いのではないでしょうか?⬇

 

空の散歩道

 

道後温泉が混雑していて、待ち時間がある時などは最適の場所です。

道後温泉の駐車場を上がりますと、その丘の上に“空の散歩道”といって、誰でも立ち入ることが出来て、道後温泉を丘の上から眺めながら、足湯に浸ることのできる場所があります。

f:id:josouyuri:20240213103555j:image


f:id:josouyuri:20240213103607j:image

 

夫婦やカップルで行かれて、こちらで隣同士座ってお話すれば、心も体も温まるのではないでしょうか💖

 

その他、道後商店街や風情たっぷりの旅館の風景、喫茶やお食事処など様々ございますので、十分にこの道後温泉の周りを散策するだけでも楽しむことができます。

 

今回ご紹介したのは、有名な道後温泉でしたが、実は、道後温泉はこれだけじゃありません。東道後、南道後、奥道後と、道後と呼ばれる温泉は松山に幾つもあります。

 

 

その中でも私のお気に入りの温泉を3つオマケでご紹介しておきましょう!地元民しか知らない穴場スポットです✨

 

 

星乃岡温泉

 

hoshinooka.net

道後温泉から少し南の方角にございます温泉です✨

こちらの温泉はとても地域住民の方々に愛されている温泉で、道後温泉とはまた違った親しみを感じます。星乃岡温泉は2つ建物が分かれています。

1つは、星乃岡温泉大浴場です。

こちらは古き良き銭湯といった雰囲気で、しかも少し広めの大浴場になっています。

※星乃岡温泉さんのホームページより

なんといってもこちらの星乃岡温泉のおすすめポイントは“炭酸風呂”です✨⬇

※星乃岡温泉さんのホームページより

入ると全身の肌に炭酸の泡が吸着して、ミクロの泡が血液の中に入り込んで血行を良くしてくれ、美肌効果があるとされています。全身に泡が沢山吸着するのを見ているだけでとても癒やされます〜。

もう一つ、こちらの星乃岡温泉大浴場から歩いてすぐのところに星乃岡温泉千湯館という別館がございます。⬇

※星乃岡温泉さんのホームページより

こちらの千湯館はお食事も出来ますし、お泊りも出来ますし、さらには時間貸しで家族風呂を楽しむことができます。

※星乃岡温泉さんのホームページより

⬆大浴場と露天風呂です。とってもきめ細かいお湯が気持ちいいです。

⬆勿論こちらの千湯館さんにも炭酸風呂がございます。千湯館の炭酸風呂の方は少し深めでゆったりと入ることが出来て私は好きでした。

 

そして家族やカップルに最適な時間貸し(1時間30分〜3400円)も宿泊(9500円〜12500円)も出来る家族風呂がございます。

※星乃岡温泉さんのホームページより

 


ちなみに私が松山で一番ハマった温泉はこの星乃岡温泉さんでした✨とても親しみのある雰囲気でとっても落ち着きがあります。毎週のように炭酸風呂を利用させていただいていました✨イチ押しの温泉です!

 

 

奥道後 壱湯の守

 

www.okudogo.co.jp

 

続いてご紹介しますのは『壱湯の守』さんです。こちらは、道後温泉から車で東へ10分、山々に囲まれた自然たっぷりの場所にある、知る人ぞ知る温泉でございます。

とても静かで、山の中にある避暑地というのがぴったり。

ホテルはとても上品で落ち着きがあって、

カップルや御夫婦で行かれると、二人きりの時間を存分に楽しむことができると思います✨

こちらの泉質は硫黄泉なので、微かな硫黄の香りがします。

硫黄泉は疲れに効きますし、荒れた肌にも最適です✨

都会の喧騒から離れて、ゆっくり温泉に浸かりたいという方にはこちらをおすすめしたいなと思います。

人も少なめですごく落ち着けますよ✨

※壱湯の守さんのホームページより
何と言ってもお風呂の雄大さは、ピカ一です!私が今までに体験したお風呂の中では最大の広さでした✨子供さんなどは走り回って怪我などしないように気をつけて上げたいところですが、それだけ開放感があって本当に最高にのんびりリラックスできること間違いありまけん✨大人1名様1100円となっています。

⬆こちら貸し切り露天風呂です。御夫婦でカップルで静かな一時を過ごしたい方には最適です✨1浴槽45分4400円〜となっております。(タオル・バスタオル付きです)

⬆こうしたバリアフリーの貸し切り風呂があリますので、お体にご不自由な方への配慮も行き届いていますね。

※壱湯の守さんのホームページより

⬆勿論、宿泊も可能です。通常価格大人2名様ご一泊28600円〜となっております。静かに温泉を楽しみたい方は是非オススメです!

⬆近くにキャンプなどで遊びに来た方や、ドライブにきた方など、お試しに無料で足湯が堪能できます。自然豊かな緑の風景を眺めながら足湯に浸ってはいかがでしょうか?

他、ビュッフェが楽しめるお食事処や、宴会場、様々な楽しみ方のできる壱湯の守さん、とても上品で優雅な雰囲気を楽しんでください✨

↓ダメ押しに壱湯の守さんの公式YouTubeをご覧くださいませ。


www.youtube.com

 

 

東道後 そらともり

soratomori.com

そして最後にご紹介しますのは、若者に大人気の『そらともり』さんです。他の道後温泉の歴史ある建物や雰囲気とはまた違って、とってもお洒落でスタイリッシュな空間は若者に人気の温泉です。入ってまず目を奪われるのは建物の中のお洒落な空間です。

※そらともりさんのホームページより

⬆1階には広々として落ち着いた雰囲気のカフェ・レストランがあり、2階の温泉と繋がっています。ランチにカフェにディナー、宴会やパーティー、様々な用途で楽しむことができます

⬆大浴場のお湯もとても綺麗なお湯で気持ち良かったです。

※そらともりさんのホームページより

⬆貸し切り家族風呂のデラックスルームは1時間5000円〜、スタンダードルームは4000円〜となっています。贅沢な空間を独り占めにしてみたいものです✨こちらのお部屋にご宿泊も可能です。素泊まり12100円〜となっています。家族やカップルでお忍びのデートするにはピッタリの場所ですね😊愛媛に居たころ、地元の若い方達からことあるごとに、こちらの『そらともり』を紹介していただきました。実際に訪れてみると、本当に素晴らしいところでした✨私もオススメしたいです😊

 

こちらの振り向けば紫さんのYouTube、『東道後 そらともり』良かったらご参考にしてください✨⬇


www.youtube.com

 

 

とにかく、温泉に行くなら間違いなく道後松山です。

旅行で長期滞在される方には、是非、お車でいろいろ回っていただいて、道後の街を、心ゆくまで堪能していただきたいと思います✨

 

ご清聴ありがとうございました☆彡