ユリブロ

女装でマッサージセラピストゆりの人生苦節40年、血と汗と涙のブログ。美容を中心とした考える女装子の雑記ブログ。

大豆イソフラボンの美容効果〜それを倍増させる2代目福次郎納豆の日本一いや世界一の超高級納豆❗

 

皆様、いつもご覧くださいまして誠にありがとうございます。

今日は健康にも美容にもいいとされている万能食品、納豆をご紹介したいと思います。

 

納豆の力

私は毎日必ずと言っていいほど、納豆を食べています。

納豆には女性ホルモンとよく似ていると言われている大豆イソフラボンが含まれているからです。その大豆イソフラボンが女装子である私にはとっても重要なのです。

納豆に含まれる大豆イソフラボンは、美肌成分であるエストロゲンと非常に似た構造をしているそうです。エストロゲンとは、別名卵胞ホルモンのこと。エストロゲンは8歳頃から、女性の卵巣で分泌され始めます。このエストロゲンの働きが、女性の乳房や膣の発育、はたまた女性らしい丸みを帯びた身体づくりに役立っていくと考えられているのです。

また、大豆イソフラボンは、血管や骨を健康に保つ役割や、コラーゲンの生成を助ける働きも備えています。コラーゲンが増加することによって、弾力があってハリのある肌を保ってくれたり、他にも、新陳代謝を高めてお肌のターンオーバーを促進してくれる為、お肌の大敵である老化の3大要素シミ・そばかす・シワの防止に役立つ美肌効果があるらしいのです。そんな事を知ってしまったら、もう毎日食べなきゃなりません。

さらに、納豆菌が腸内環境を改善してくれたり、発酵して出るナットウキナーゼは、血液をサラサラにしてくれる働きがあります。

納豆はとても体に良いこと盛り沢山で、美肌に最適、しかもご飯のお供に美味しいということで、日本人の食卓には欠かすことのできない食品となっているのです。

 

2代目福次郎さん

 

今日はそんな毎日食べる納豆から、こだわり抜かれた超高級納豆をご紹介したいと思います。毎日納豆を食べているけれど、さらに美味しい納豆を探し求めておられる方、もっとより納豆の美肌効果を実現したい方などには、今回ご紹介します、栄養が通常の納豆よりもたっぷり含まれている超高級納豆を是非オススメしたいと思います✨

よろしくお願いいたします🙇

 

amazonで調べておりますと、

2代目福次郎という納豆屋さんがあることを知りました。

納豆はとても低価格競争が激しい食品ですよね。そんな中で、福次郎さんは敢えて、高級路線を選択し、品質の高い国産大豆にこだわった納豆を作ってこられた納豆の老舗です。

そんな2代目福次郎さんの納豆をご紹介したいと思います。

 

ちなみに私が毎日食べているのはこちらの“なっとういち”です。⬇

現在価格は20個60食で4380円です。

いつも食べさせていたたいている、こちらの”なっとういち”はとてもシンプルで安くて癖がない美味しい納豆ですよね。

 

いやしかし、今回は納豆の最高峰であります超高級納豆のご紹介です。ではいってみましょう!🤙

 

 

 

 

ここからが本番です。

では2代目福次郎さんが生んだ納豆の数々をご紹介していきます。

 

鈴丸納豆

先ずは、鈴丸納豆。

こちら北海道産のスズマル大豆を使用した納豆です。

スズマル大豆は小粒で有名だということです。とても食べやすくてホカホカのご飯にのせて食べるならコレでしょう。お値段は20個40食で現在5832円となっております。福次郎さんの中でも比較的お手頃価格ですね。⬇

 

 

大袖振納豆

お次は大袖振納豆。

北海道産の大袖振大豆を使用しています。普通大豆は肌色をしていると思うんですが、こちらは薄緑色をしているそうです。普通の大豆よりも大豆イソフラボンの含有量がなんと2倍近くあり、しかも低脂肪!とのことで、健康にも美容にも最適です。

お値段は現在、20個40食で6480円となっております。⬇

 

 

在来種の大豆を使用した納豆

 

お次は超希少な在来種の大豆を使用した幻の納豆といわれています。

普通の大豆は一本のさやに3〜4つの豆が入っているのですが、在来種は豆が2つしか入っていないそうです。病気などに弱いため生産農家がとても少ないとのことです。独特の風味がありながら納豆特有の匂いが弱めで、納豆嫌いな人でも食べやすい商品だそうです。

山梨県産あけぼの大豆を使用したあけぼの納豆、新潟県上越市吉川地区の吉川青大豆を使用した吉川青大豆納豆、山形県産紅大豆入りの納豆三昧の3個入りの納豆です。

お値段は3個6食入りで2980円となっております。⬇

 

 

鶴の子納豆

お次は鶴の子納豆。

北海道産鶴の子大豆は、大豆の中でも最高級品種で、普通の大豆の2周り以上も大粒の立派な大豆です。 良質なたんぱく質が健やかな体をつくる畑の中の肉と呼ばれています。

鶴の子納豆は日本一の高級納豆といわれています。

お値段は20個40食入りで11880円となっております。

ここまでくると庶民には手が出なくなってきますね。⬇

 

 

黒大豆使用

光黒納豆

北海道産の大粒黒大豆「光黒(ひかりくろ」を使用しています。 光黒は表面に光沢があり、丹波種とは違い見た目にも綺麗な黒豆だそうです。黒大豆はポリフェノールのたっぷり含んでいます。ポリフェノールは肥満予防や視力低下、疲れ目などの予防、動脈硬化、ガン、糖尿病の予防などが期待される成分です。もともと健康にいい納豆のパワーが倍増したようなものです。こちらは高級品種の丹波種よりも少しお買得です。

お値段は20個40食入りで8208円となっております。⬇

 

 

丹波黒納豆

最後にこちら、丹波黒納豆単体で無かったので、こちらの詰め合わせをご紹介いたします。一般的な黒豆は成熟するのに約70日間かかるのに対し、丹波黒は約100日間かかるそうです。 その分、栄養を沢山含んでおいしく大きな粒が実るそうです。 一般的な黒豆は機械で収穫されるのに対して、丹波黒は栽培から収穫、天日干しに至るまでの作業を手作業でおこなっているとのことです。こだわり抜くならばこちらの丹波の黒納豆でしょう。

丹波黒納豆入りセットのお値段は8個16食で現在amazonで8640円となっております。⬇

 

 

以上、今回は2代目福次郎さんのこだわり高級納豆をご紹介してきました。いかがでしたでしょうか?

健康志向が強まる中で注目される納豆ですが、美容に健康に、または贈り物としてはいかがでしょうか?

 

本日もご清聴ありがとうございました🙇

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキング