ユリブロ

女装でマッサージセラピストゆりの人生苦節40年、血と汗と涙のブログ。美容を中心とした考える女装子の雑記ブログ。

自民党キックバック問題なにが問題?


f:id:josouyuri:20240212215123j:image

 

ちょっと前から自民党政治家のキックバックが問題にされています。

年末年始から松本人志さんの性加害疑惑やら、石川県能登地震など、様々な問題が起きる中、あまり意識が行き届いていなかったので、何が問題なのかを今一度、調べてみることにいたしました。

 

まず、政治家は政治資金パーティーを開いて、政治資金を集めることができます。

これには条件がありまして、

 

・個人ではできない

・〇〇団体の政治資金パーティーと銘打って告知しなければならない

・パーティー券は150万を超えてはならない

・20万円を超えるパーティー券購入者には氏名や住所、職業を記載してもらわなければならない。

 

こういうルールの下、派閥は政治資金パーティーを行い、パーティー券を売って政治資金を集めて、集めたお金で政治活動を行うことができるということになっています。

 

そこで、何が問題でニュースになっているのかというと、

政治資金パーティーで集めたお金を、その派閥所属の所属議員にキックバック(お金を渡していた)なりしていたということなんですが、そのお金が、政治資金収支報告書に記載されていなかったというのが問題になっているようです。

 

その件が明るみになってから、安倍派、二階派、岸田派は政治資金収支報告書に追加で記載をし、一昨年までの5年間で、その金額が総額9億7000万円、その内各議員への寄付金、所謂キックバックが4億9259万円にものぼっているということが分かりました。

 

ちゃんと政治資金収支報告書に記載していれば、なにも問題はないわけですが、何故記載しなかったのか?

これは裏金づくりではないのか?

という疑惑が持ち上がっているわけであります。

 

 

では、裏金をつくるということは何がいけないのかということになりますと、

政治資金パーティーで集めたお金は政治活動に使わなければならないという決まりがあります。

しかし、政治資金収支報告書にその使い道の記載をしなかったということは、やましいことにそのお金を使ったのではないか?

ということになるわけです。

 

その一連の騒動で、キックバックを受けていた議員から逮捕者まで出ています。

自民党の池田議員が政治資金規制法違反で逮捕されまして、調べによると派閥から受け取った政治資金のデータの削除や、その使途について証拠隠滅を図ったのではないかとされています。

池田氏は安倍派から一昨年までにキックバックを4800万をも受け取っていたとされていて、東京地検特捜部の捜査では、飲食代や事務所経費に使われていたと見られています。

 

我々庶民からすれば、その何億、何千万、何百万ものお金を帳簿に記載しないというのはありえないことですよね。

 

その感覚のあまりにかけ離れた、政治家の意識が問題なんだと思いますね。

 

なぜ政治資金に税金がかからないかというと、その使い道が政治活動に限られているからという前提があるので、私達が収入を得てするようなのと同じお金の使い方であるならば、不公平だと言わざるを得ません。

 

そんなお金の管理の仕方をしていて、ちゃんと国を運営できるのか?我々が収めた税金をどうしてるのか?無駄遣いしてるんじゃないか?

そう疑われて信用を失っても仕方のないことだなと思います。

 

とにかくキッチリやっていって欲しいものですね。

 

 

全般ランキング
全般ランキング