ユリブロ

女装でマッサージセラピストゆりの人生苦節40年、血と汗と涙のブログ。美容を中心とした考える女装子の雑記ブログ。

世代人間が語るロストジェネレーションとその問題

 

ロストジェネレーション

1970年〜1984年までに生まれた人のこと、たまにロストジェネレーション世代なんて呼ばれることがありますが。

 

実は私もその1人なのです。

 

ロストジェネレーション世代だから他の世代と比較して恵まれなかったと言われていますけど、それなりに私は幸せです。

 

でもたまに深く考えると不公平感は否めないなとは思うときがあって、もしもそうじゃなければ違う世界線もあり得たのかなと思ったりもします。

今日は、そのロストジェネレーションの現状を自分の経験を踏まえて述べていきたいと思います。

 

 

1990年代初頭、バブル経済が崩壊し、1990年代後半から、消費税増税などをきっかけとして長引く不況に突入した時代、そんな時代に私たちは、高校や大学を卒業して社会に出ていきました。

 

よく覚えています。

4年生大学を出て就職活動を始めた頃、とてもじゃありませんが、就職できるとは思えませんでした。

就職説明会に何度も足を運び面接も何度もしましたが、採用人数の狭き門に、私はとても就職に受かる気配を感じられませんでした。

 

企業の採用率が低く、しかも私達の世代は団塊ジュニアですから、人数も多く競争も激しい、狭い入口へものすごい人の競争、

 

その競争に勝てなかったといえばそれまでですが、

 

私のように途中で、諦めた人も多くいたと思います。

 

ちょうど、私が大学を卒業したのは、小泉内閣の時代です。

私が飛びついたのは、小泉内閣が推し進めた

“派遣社員”

という目新しい働き方でした。

 

何十倍もの倍率をくぐり抜けるしんどさとは反対に、派遣社員というのは間口が広く、派遣会社の担当者が企業と派遣社員との間を取り持ってくれる、とても働き始めがしやすいというシステムに、当時就職というものに疲れて果ていた私達は吸い込まれるようにして入っていったと記憶しています。

 

当時はこの働き方について、何も思いを抱きませんでしたが、今振り返ると沢山の問題点があったように思います。

 

 

 

 

問題点

 

①教育の遅れ

ロストジェネレーションの問題点として、まずは教育の遅れをあげたいと思います。ロスジェネ世代は高校や大学を卒業後、正社員として就職できない人が多かったことから、社会人としての新人研修を受ける機会を失っているケースが考えられます。

私の経験上、派遣労働ではそういった教育を受ける機会はなく、社会人としての基本やマナー、当たり前のことを学ぶ機会が全くありませんでした。むしろ私達派遣会社の人間には教えてはいけないという差別的な雰囲気があって、はっきりと正社員と派遣社員は区別されていたように思います。我々には罪はなく、そういう事に巻き込まれてしまったというのが現状でしょう。

それは世代の1つのコンプレックスになっていて、人生に遅れを取る人や躓く人が出てくる原因でもあると考えられます。

 

②収入の格差

ロストジェネレーション世代で正社員になれなかった人達は、昇給や賞与という正社員では当たり前のものとは縁遠いものでした。

長い目で見れば、相当な額の収入の格差を生んでいるでしょう。また、当時、派遣労働に従事した人の殆どは社会保険未加入であったと記憶しています。義務化されたのは十数年後です。若くてそういうことに疎かった私が、この時払っていなかった年金の期間的なダメージはかなり大きいです。

一生懸命に働いていたのにもかかわらず、将来に向けての保険が何も進んでいなかったということですね。 

そうした、収入格差と将来受け取れる年金額の格差を生んでおり、多くの人が老後までをも、他の世代に比べて恵まれない現状があるかと思います。

 

その上、将来デフレを脱却してインフレに向かうであろう日本において、汗水たらして貯めた私達のお金の価値は目減りしてしまうことが考えられます。

とても世の中に出てきたタイミングが悪すぎて、何もかも悪循環に嵌ってしまっているのです。

とことんお金にツキがない世代なのです。

 

③政府の対応

そうした現状に対し、数年前からようやく政府が重い腰を上げ、ロストジェネレーション世代の支援策として、“就職氷河期世代支援プログラム”なるものを始めました。

 

私も2年ほど前に就職氷河期世代採用公務員試験というものを受験しましたが、

何せ倍率がとんでもなく。

平均で20倍以上、私が受けた時は40〜50倍もありました。

大学をでたての当時のことがまた思い出されましたね。枠が少ないことに加えて、やはり世代の人口が多いのです。

どうしようもありません。

 

 

希望はある

 

 

しかし、これだけ恵まれない現状のロストジェネレーション世代ですが、私は希望はあると思っています。

それは、

優秀な人材が非常に多いということです。

 

団塊ジュニアとして、人口が多く競争が激しかった。さらに、不景気でその競争に拍車がかかった中で、生まれた超スーパースター達がいます。

 

まず、

イチローさん

松井秀喜さん

中田英寿さん

小野伸二さん

中村俊輔さん

SMAPさん

ひろゆきさんに、ホリエモンさんに、私が思いつくだけでも、これだけの人がおられます。やはり、恵まれなかった現状の分、自分の力で生き抜いてきた凄い人達がいるんですね。少し頑固で癖のある人が多い印象が強い気がいたしますが、そういう人がこの世代を生き抜いてきたのでしょう。

 

そして、こういう人達が、世の中を引っ張っていってくれていると思いますし、その何モノにもとらわれないような強い生き方が、私達にいろいろ伝えてくれていますし、世間の風潮の空気の入れ替えをしてくれているように思います。

 

私達も彼らに負けないように頑張って、まだまだ残りの人生を希望を持ってやっていきたいと思います。

 

今の世の中を変えられるのは、一番苦労してきたこの世代の人達に違いないと私は思っております。

 

 

 

 

社長ブログランキング
社長ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ