ユリブロ

女装でマッサージセラピストゆりの人生苦節40年、血と汗と涙のブログ。美容を中心とした考える女装子の雑記ブログ。

㊙️セラピストのSNS運用法

 

いつも読んでいただき誠にありがとうございます🙇

 

セラピスト歴、通算で1年、本格的に始めたのが去年の年末。そんな私が、これまで経験してきた中で、セラピストがSNSにおいて、どう振る舞えばいいのか、私なりに気づいことを集めて考えてみました。

 

SNSといっても私の利用するSNSはX(旧Twitter)です。その中で、営業日を告知することだったり、お客様へのお礼であったりをするわけですが、その場その場で考えてやるとついミスしてしまいがちだったり、一貫性のない形になってしまうので、ここにいくつか記しておこうと思います。

 

気にすべき点を5つ挙げさせていただきます。s

 

 

①どういうスパンで投稿していくか

 

投稿の頻度を考えるわけですが、はじめの方は、私はかなり消極的でした。なぜかと言うと、SNSに載せるような写真をあまり撮っていなかったとか、物理的な問題はあったのですが、私のメンタル的には、やり過ぎると逆に必死だと思われて、人気がない=ブサイク・対応が良くないと思われるんじゃないかと不安があったからです。

 

しかし、月日を重ねるごとに他のメンズエステの女性セラピストさんなどを見ていますと、毎日のように投稿していらっしゃることが分かってきました。そして、これでは女装の私が決して勝てるはずがないと背筋を正される思いになったのです。

 

確かに、生き残るために必死なのかもしれないですが、それはあまりお客様へは伝わってないように思います。皆必死なのは当たり前だからです。それに、お客様がSNSを見る確率は物凄く低いですから、そんなことを気にしてはいられないのです。

 

お客様からすれば、投稿頻度などはあまり関係ない、確かに隠しておくことで未知の魅力も出てくることはありますが、高いお金を払って来てもらうことを考えれば、お客様もそれどころじゃありません。

 

逆にアピールして情報を提供しないと、不親切なセラピストと捉えられることもあり得ます。

 

頻度としては、最低2日に一回か、3日に一回は投稿したほうがよいでしょう。

 

しかも、投稿していく中で、自分を知ってもらうことが重要です。

たとえば、何時〜何時に営業してるか、どういう雰囲気の人なのか、出張業務はしてるのか、お店の部屋の雰囲気はどんな感じか、少しでもお客様がいろいろな情報を知りうることができれば、分からない方よりも、分かっている方を人間は選ぶはずだから、営業に有利に働きます。

 

それをするのには、週1くらいの投稿だと目に止まらない可能性が高く、情報量も少なすぎるのです。

 

また、投稿数が増えることによって、フォロワー数が増えて、より新規顧客を得ることができる。そういう相乗効果が見込まれるので、やはり投稿は多ければ多いほど良いと考えなければならないでしょう。

 

さらに投稿日時も含めて検討していけば、より効果的な営業ができるでしょう。

 

 

 

 

②お礼を投稿すること

 

これも私は、はじめどうしてよいか悩みましたが、今考えれば何を悩んでいたのだと思ってしまいます。

私達は、お客様からプレゼントを頂くことがあります。もちろんお礼は伝えますし、終わってからメールでももちろん伝えます。

はじめ私は、これだけでいいと思っていました。それは、そのSNSのお礼が、他のお客様にプレッシャーになるかなと思っていたからです。

でもやっぱりSNSでもお礼の投稿はした方が良いと考え直しました。

お客様からすれば、個人でお礼されるだけでは、やはりSNSというツールがある以上は、物足らなく思ってしまうでしょう。わざわざ買ってきたのに、SNSに投稿されないと、気に入らなかったのかなと不安に思ってしまいますし、どこか愛想に欠ける機会的に仕事をしているだけのセラピストだと思われる可能性だってあります。それで失望して来なくなるお客様もいらっしゃると思います。

また、他のお客様に対しても、きちんとお礼のできるセラピスト、またプレゼントを貰うほどに人気のあるセラピストだというアピールにも繋がるでしょう。そういったアピールができればセラピストとしての付加価値は上がります。付加価値が上がれば、お客様が高いお金を払って私達を指名するのに相応しい理由付けになるでしょう。ですので、SNSではプレゼントに対してお礼の投稿はするようにしましょう 。

 

プレゼントも物であったり、景色であったり、色々です。

それぞれにお客様がお金を掛けて施して下さった労をねぎらう意味でお礼の投稿をする、そして、他のお客様にも、スケジュール更新時などの際に、さり気なく来ていただいたことへの感謝の投稿をするのを忘れずにしたいところです。

 

③お礼の仕方を工夫する

さらに、そのお礼の投稿を少し工夫するようにすれば、他のお客様へのプレッシャーも緩和でき、プレゼントを頂いたお客様の満足や、セラピストとしての付加価値向上に繋がるのではないかと考えらます。

 

では、良い例とダメな例を考えてみましょう。

 

【ダメな例】

「今日はこんなプレゼント貰っちゃった。ありがとぅ💕〇〇こういう事されるとめっちゃ嬉しいです✨」

このうようにお礼の中で欲しがるアピールが出てしまわぬようにしましょう。少し厭らしく感じますよね。

 

【良い例】

「お客様から、こんなプレゼントもらっちゃいました。とても素敵で感動しました。(又は、とても美味しくて涙がこぼれました)ありがとうございます。」

という感じに、感想を丁寧に素直に投稿することで、1つの律儀なお礼エピソードとして成立させ、卑しさを感じさせない人となりを表現します。

 

自分が可愛いからプレゼントを貰えるというようなことを自分の言葉でアピールしないようにし、プレゼントを貰ってしっかりお礼のできるセラピストだとアピールすることに徹しましょう。

そうすることで、一段高い好感が得られ、人気をあげることに繋がっていくのではないでしょうか。そういう積み重ねがセラピストとしての付加価値を高くし、お客様に対し、そうした人気のあるセラピストに施術されることは、お金を払って行く価値のあるイベントだとの認識と、実際に出会った時の良い緊張感と喜びに繋がることでしょう。

 

なにはともあれプレゼントにはお礼の投稿をし、自分で工夫しながらより投稿の質を上げていきましょう。

 

 

 

④質問が多くて要求が多いお客様への対応

 

これは。①のしっかりした投稿さえ出来ていれば、質問や要求がDMからくることも無いと思いますが、はじめからなかなかそうはいきませんので、質問してくるお客様へは、しっかり対応をする必要があります。

 

お客様はそもそも様々な趣味趣向をお持ちなので、これはできるのか、あれはできるのか、こういった衣装はあるか、オプションはあるのかとか、その他数え切れないほどにいろいろ聞いてきます。

 

それに対して、どうしても面倒くさくなってきがちです。そっけない返信をしてお客様が去っていくこともあります。

しかしその時に、自分が何ができるのかというのを、逆にそれを逆手に取って、考えてバリュエーションを用意すること、又はそれを武器にする機会を与えてもらったと考えるべきでしょう。

ですから、面倒くさがらずに、しっかり対応したほうが良いです。

 

たとえば、そのお客様から普通のオイルではなくて、ゴールデンホホバオイルでやってくれと頼まれたとします。しかし、それを買うのは高いです。でも後々、それがオプションになって他のお客様にも使えますし、SNSでの投稿もできて、他のセラピストとの違いをアピールすることができます。そうすると新規顧客も増えてくるということに繋がるはずです。

できる限りお客様の趣味趣向には投資して、他のセラピストとの差別化を意識していきましょう。

 

しかし、あまり自分とかけ離れた要求には答える必要はありません。自分のできる範囲でしてください。要求の明確なお客様はその裏返しとしてセラピストにとってとても見方が厳しいので、キャンセルされる可能性も高いことも頭に入れておくとよいでしょう。そうした厳しい要求によって他のお客様へのサービス向上につなげるための、自分の肥やしだと思ってやるとよいかと思います。

 

 

⑤映える投稿をする

 

5つ目は、映える投稿をすること。

これはもうそれぞれのセンスになってきますが、できる限り綺麗な文章の投稿や写真を投稿していく。

Xは特に文字数が限られてきますので、コピーライターやセールスライター的なセンスが必要です。

これは、勉強して上手くなればなるほど自分のSNSが良くなって、目に止まる確率が上がるはずです。

もちろん写真も自慢にならないようにしながら、加工をして1つの作品を見てもらうというつもりで写真を投稿すると良いと思います。

何だかんだ、人は第一印象が大事ですので、文章や写真など、見た目のインパクトを磨かなければならないでしょう。

 

 

以上、簡単にはなりましたが5点ほど気をつけた方がいいと思う点をあげました。

如何でしたでしょうか?

 

今はSNSでの営業が全盛の時代ですから、これを使わない手はありません。

一つ一つやっていって、一緒に滞りのない営業を目指しましょう✨

 

ご清聴ありがとうございました🙇